ランキング

ぽちっと応援よろしお願いします にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
人気ブログランキングへ ブログランキング

プロフィール

たけぴん

Author:たけぴん
起業家を目指して日々奮闘中これから起業する為の知識を得るためにブログを始めました
姉妹サイトです
↓↓↓↓↓↓
起業家情報の館
メール
d-z1154@nifmail.jp


月別アーカイブ


アクセスカウンター


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書籍から学ぶ知識に付いて。

書籍は、色んな意味で私たちに先人の知恵・知識とか気付き・発見を

与えてくれる素晴らしいツールと言う事は書くまでも無いでしょう。

ただ、幾つかの問題点が有ります。

1、本だけの知識では経験が浅いので、発言しても説得力に欠ける。
  よって、コンサル等々は初心者にしか通用しません。
  知識のメッキは一発で見抜かれるものです。

2、ニワカ気付きで終わる事が多い。
  知識だけでは、実戦で役に立たないのです。

3、乱読では、身に付かない。
  乱読される人が居られますが、何処まで身に付くのか疑問です。
  それよりは数冊の良書を繰り返し読む方が圧倒的に身に付きます。

4、本で学べる事は、極一部な事が多い。
  全てを解決してくれる書物は無いから仕方有りませんね(笑)

5、本で書かれてるノウハウが、自分の性格に合わない事が有る。
  どんなに良い事を書いていても、結局は、読み手側の性格に合わない事は
  無意味なのです。

6、本を読むには時間が掛かり、その割には得るものが少ない。
  やはり、人と人の会話から得られる事が多いのです。

7、言葉の表面しか捉えられない人は間違って解釈する事が有る。
  本の知識だけでは応用が効きません。

以上は、書物を否定しているのでは無く、単に私の率直な感想です。

物事には表と裏・長所と短所が在るものです。

良い面と、そうではない面の両方を知る事によって、本質が判ります。

その上で、上手く使い分ければ良いのではないでしょうか。。。

本日の格言

「良書は最低でも50回、読みましょう」

「良書が数冊あれば、それだけで十分」

「最低最悪は、書物を購入して読まない人」

「本は、お金を出して購入しましょう」

「本を貸す時は、差し上げましょう」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://kigyousuru.blog9.fc2.com/tb.php/45-53233a61

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。