ランキング

ぽちっと応援よろしお願いします にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
人気ブログランキングへ ブログランキング

プロフィール

たけぴん

Author:たけぴん
起業家を目指して日々奮闘中これから起業する為の知識を得るためにブログを始めました
姉妹サイトです
↓↓↓↓↓↓
起業家情報の館
メール
d-z1154@nifmail.jp


月別アーカイブ


アクセスカウンター


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「成功者は普通の方の逆を好む」

成功者の価値観は一般の方と180度、違ってる事が多いと言うのが私の考え方です。

例えば何処が違うか・・・(本当に多いんですが)
1、致命的な失敗は避けるが、基本的に多くの失敗をしたいと思っている。
2、大きなリスクを負えば負うほど大きなリターンが得れる事を知っている。3、欠点を直さず長所を伸ばす努力をする。
4、人に誤解されたり嫌われたりする事を恐れていない。
5、直感を信じ、類まれなる行動力を持つ。
6、小さなお金を大事にする。
7、不言実行ではなく有言実行である。
8、目先のお金を欲しない。
9、ネガテイブな言動をしない。
10、素直・謙虚・感謝の精神を持ち続ける事が出来る。

探せば未だ未だ出てきますが、この辺りで良いでしょう(^^)
成功者の価値観は普通の方と違ってて当たり前です。
何故ならば、多くの方と同じ価値観では多くの方と同一レベルにしか成れないからです。

人と違った事にチャレンジするから成功の二文字が得れます。
もちろん失敗の可能性も否定出来ません。
でも失敗すれば、自分の言動を反省して繰り返さないようにすれば良いだけです。
そうすれば失敗も減って行くのです(^^)v

他人の集まりでしかない社会というものに流され生きていくのではなく、一般と違った生き方をしてこそ初めて、自分らしい幸せが見つかるのではないでしょうか。。。
私はそのような生き方を心掛けています。

前にも書きましたが最後に、成功者に成る最短コースを書いて締め括りましょう。
「尊敬できる成功者のお側で居て良い影響を受ける事」です。

以上、ご参考に成れば幸いですm(__)m

本日の格言
「性格は良くも悪くも変化する」
「素直な方は著しい成長が可能」
「誰もが成功者に成りたいと思ってるが行動出来ていない」
「尊敬出来る成功者のアドバイスは100%信用すれば変われる」
「本物は本物を知る」
スポンサーサイト

起業時の考え方「共同経営&共同出資をしてはいけない」

起業時に起きる様々な不安を打ち消すために、

共同経営とか共同出資をされるケースを良く見聞きしますが

個人的に、お勧め出来ません。

何故ならば、過去の歴史が、ダメッ!って証明してくれているからです。

もちろん、例外は有ります。

例えば、ご夫婦なら問題ないと考えます。

それ以外にも、もしかしたら例外が有るかもしれません。

実は、私自身が、過去に数回の共同経営とか共同出資をした事が有りました。

良くて、出資金が全額返金。

悪ければ、もちろん、返金ゼロです(笑)

そして、それまで仲の良かった人間関係が壊れるケースも有りました。

そんなこんなで、共同経営&共同出資は、されない事をお勧めします。

本日の格言

「企業経営に船頭さんは二人も、いらない」

「共同経営&共同出資は古今東西、上手く行かない」

「儲かっても、損しても不思議と上手く行かないのが共同経営&共同出資」

「スポンサーはお金を出しても、口を出すな!」

「共同出資の場合は、経営者と雇われの区別をハッキリと決めてから進む事が肝要である」

起業時の考え方「創業とは単なるスタートでしかない」

多くの時間と労力を費やして起業出来たとしましょう。

創業とも言いますね。

ここで安心したら、即、退場と言っても過言では無いでしょう。

何故か・・・

起業したから成功するはずも有りません。

ここが、長いビジネスのスタートであり、徒手空拳の状態なのです。

判り易く書くと、港をイカダで旅立ったようなものです。

イカダでは太平洋を渡れないでしょうから、イカダを航海途中で船に乗り換え、

その船を更に不沈艦に改造していかなければ安全な航海が出来ません。

つまり、味噌をかき混ぜるが如く、手を変え、品を変えて経営しなければいけないのです。

時代の流れ、時代の変化に対応するのは当たり前。

関わっているビジネスの将来性、将来像をしっかりと見つめつつ、船を進めなければいけません。

経験上、起業してから3年間を、どのように過ごすかで、将来が決まってくると思っています。

創業時の3年間を必死で乗り切れれば、成功者に成れる可能性も高まる事でしょう。

起業して、まずは3年を無事に乗り切りましょうね(*^_^*)

本日の格言

「起業出来たからと言って安心してはいけない」

「起業とは、あくまでも荒海に向けて航海のスタートである」

「起業して、3年間の航海を無事に終える事を最初の目標とせよ」

「3年が終われば、次の目標は10年を経過することである」

「中小企業は創業から10年経過で、ようやく一人前である」

起業時の考え方「現金商売のビジネスを狙え!」

何の商売をされるにも、現金商売のビジネスを狙われるのが一番堅いと考えます。

世の中には、どうしても掛け売りを余儀なくされるビジネスが有ります。

それらの商売を否定しませんが、

少なくとも、資金の少ない起業時には避けた方が良いでしょう。

現金商売とは、貴方の販売する商品とか、サービスを提供したと同時に

現金を顧客から頂戴するか、提供する前に頂戴すると言うものです。

売掛のビジネスとは、先に商品を渡し、締め支払いに応じて、キャッシュを

支払って頂く事を指しています。

例えば、月末で締めて、翌月末に振込等々で支払って頂けるようなケースです。

私が経営していたビジネスでは、顧客からは、その場で現金で頂戴して

商品仕入れは、メーカーさんに対して、締め支払いをしていましたので、

資金繰りが、比較的、支払が容易でした。

売掛を余儀なくされるビジネス起業では、資金繰りが厳しい時が発生し易いものです。

支払って頂けて当たり前なのですが、支払日までに、相手先が倒産したりして

不払いに成るケースは幾らでも有ります。

なるべくなら、資金ショートしないような業種業態での起業をして下さいね(*^_^*)

本日の格言

「起業時は現金商売を考えるのが基本である」

「締め、支払のビジネスには、結果に、どうしても不安が付きまとう」

「5、10日等々の、ごとう日に社長・役員が、社内に居ない会社は要注意」

「手形は貰わない、発行しないが基本」

「支払いを遅らす会社は信用されない」

起業時の考え方「粗利益50%以上のビジネスを狙え!」

ビジネスによって、粗利益(荒利益)が違っています。

3%程度の極薄粗利益ビジネスも有りますし、原価の20倍と言う商材を

販売しているケースも有ります。

正に、ピンキリです(*^_^*)

その中で、私が見るところ、最低でも50%の粗利益ビジネスを狙うべきと考えます。

何故ならば、粗利益が増えれば増えるほど儲かる可能性が高まるからです。

50%以上なら、幾らでもOKですが、理想は100%ビジネス(笑)

私が考える100%ビジネスとは、弁護士・会計士等々の、サムライ業。

コンサルタントも、そうですね(*^_^*)

物販では無く、知恵・知識を顧客に提供して、その対価としての金銭を得るような業種です。

居酒屋さんであれば、通常65%~70%以上の粗利益でしょう。

50%以上なら、結構多いと思います。

そのような業種業態での起業を目指されたら如何でしょうか。。。

尚、念の為に書き添えておきますが・・・

各種商売の中には、粗利益をどうしても取れない業種業態も存在しています。

各種下請・問屋業・仕切り値が厳しい物販業。。。等々。

そのような業種業態も、社会生活を送る上で、私たちには必要不可欠です。

全員が粗利益50%以上の起業を目指しますと、社会構造が歪に

成ってしまうかもしれません(笑)

よって、粗利益が少ない業種業態でのビジネスを全面否定しているのでは無い事を

ご理解して頂ければ幸いです<(_ _)>

粗利益が低いビジネスでも、ご本人が好きで楽しいと感じられるなら、

それも立派な生業と考えます。

本日の格言

「粗利益の低い商売は、死の商売と言われている」

「出来る限り、高い粗利益のビジネス起業を目指すべきである」

「荒利益とは、販売価格-減価」

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。