ランキング

ぽちっと応援よろしお願いします にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
人気ブログランキングへ ブログランキング

プロフィール

たけぴん

Author:たけぴん
起業家を目指して日々奮闘中これから起業する為の知識を得るためにブログを始めました
姉妹サイトです
↓↓↓↓↓↓
起業家情報の館
メール
d-z1154@nifmail.jp


月別アーカイブ


アクセスカウンター


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年 これからのビジネスを考える 

2011年に流行るものを探すこれが今日の課題

最近ではどんな仕事が儲かっているのか、
やはりインターネット産業はまだまだこれからどんどん
シェアをひろげていく
いまやはりアニメ産業とゲーム産業があついでしょう
アニメは世界でも高く評価されている日本一つの武器である、日本のアニメが大好きな
人たちが世界中にはたくさんいるんだ。

ゲームに関しても今年はものすごい新作がでる3DS、PSP2だ。

これはまた新しい利益が生まれる
また政治に目を向けると消費税があと何年かでアップしそうだ、商売とはなんなのかそれは、物を安く買いそれを高くうって差益でもうけるのが商売の本質だ。

ならば安く手に入れて、もしくは価値が少ないものを加工して、価値を上げて利益を上げる

スポンサーサイト

ブルーオーシャン戦略


競争の激しい既存市場を「レッド・オーシャン(赤い海)」とし、競争のない未開拓市場である「ブルー・オーシャン(青い海)」を切り開くべきだと説く。
そのためには、顧客にとってあまり重要ではない機能を「減らす」「取り除く」ことによって、企業と顧客の両方に対する価値を向上させる「バリューイノベーション」が必要だとしている。そのための具体的な分析ツールとして、「戦略キャンバス」などを提示している。

従来からよく知られているマイケル・ポーターの競争戦略が、「事業が成功するためには低価格戦略か差別化(高付加価値)戦略のいずれかを選択する必要がある」としているのに対し、ブルー・オーシャン戦略では、低コストと顧客にとっての高付加価値は両立し得ると主張している。
                       


適用
書籍では日本の10分1000円の理容店「QBハウス」の事例などが紹介されている。韓国サムスングループが組織的にブルー・オーシャン戦略を実践していることが知られている。
ゲーム業界において、ソニー(プレイステーション3)やマイクロソフト(XBOX 360)が仕掛けた高性能化競争に埋没しかけていた任天堂が、Wiiの開発にブルー・オーシャン戦略を応用したといわれている。
比較的ロースペックのハードウエアながら、「Wiiリモコン」などの新機軸で、ゲーム慣れしていない層にとって付加価値を提供することに成功した。

ペーパーレス郵便システム


」現在の郵便システムの代替システムとして、ペーパーレス郵便システムが開発導入され、送り手には大きなコストダウンになる一方環境にはエコ的であるとして大きく注目されている。このペパーレスシステムを開発したのはカリフォルニアにあるZUMBOXである。現在アメリカ全土で毎月150億枚のペーパー郵便が送られている事実に着目し、これをペーパーレス化することをめざし開発されたものである。
システムの概略は次の通りである。ZUMBOXは住宅、会社等に関して、すべてのストリートアドレスに個々にオンラインメールボックスを作る。送り手はwordやpdfで作成された書類、手紙、等の電子ドキュメントをアップロードし、受け手のストリートアドレスを特定する。その手紙等は受け手のzumboxに送られる。受け手は郵便封筒とまったく同じのイメージをweb上で見つけ、クリックするとその手紙等がオープン表示される。送ることができる書類も、請求書、購買発注書、会計書類、などいろいろの書類が可能である。送り手は希望すればpay button方式による決済システムも使用できる。銀行レベルのセキュリティを導入している。
このZUMBOXシステムの利用は送り手及び受け手にとって無料である。ただし、広告業者には一つのストリートアドレスに付US$0.05、個人には月に50アドレス以上使用の場合同額を支払わなければならない。
(beta.zumbox.com参照)

「世界を変える」ONE BILLION MINDSとは・・・

インドのカルカツタでS.K.SAHA氏がONE BILLION MINDSというユニークなサービスを開発展開している。これはいろいろな解決すべき社会的や企業的問題を持つNPOや企業と問題解決をはかる学者等を結びつけ、それら問題を解決をするサービスである。
ONEBILLION MINDSは世界中の大学の先生、学生を登録し、彼らに現実問題の革新的解決にチャレンジしてもらうのである。子供たちのための1ドル教材開発、カルカツタのガーべッジ廃棄問題、など世界中のいろいろな問題に取り組む。ソーシャルイノベーション、デザイン、エンジニァリング、サイエンス、テクノロジーの分野のチャレンジである。
ONE BILLION MINDSのミッションは、世界中の大学にいる人達を動員して世界的のいろいろな問題の解決にチャレンジする、解決すると依頼組織から報奨金を貰う、そして最終目的であるChange
The World(世界を変える) ことである。
世界の問題解決を世界の大学の頭脳をweb上で結びつけ解決を図り、世界を変えるサービスは画期的である。

ドア・イン・ザ・フェイスをご存知ですか?

「ドア・イン・ザ・フェイス」とは、

最初に絶対に断ららざるを得ないような頼み事をされ、

一度、それを断った後に、普通レベルの頼み事をされた場合、

人は、何故か、断り難くなる心理学を指しています。

具体的な例を挙げましょう。

例えば、友人から100万円貸して欲しいと頼まれれば、大抵は断りますよね。

でも、続いて・・・

「判った。では、2万円でいいから貸して」と言われたら、つい貸してしまいませんか?

もちろん、2万円を持っていればの話ですが。。。

この心理は、

相手の頼みを一度、断った事で罪悪感を感じさせ、次の頼みを断り難くする為のテクニックなのです。

もう一例を記載してみましょう。

例えば、貴女が水商売のホステスさんとしましょうか。。。

常連客のお金持ちに、「車、欲しいなぁ~」などと言って、断らせておき

「じゃ~、洋服を買ってよ」

と、言って、最初から、実は洋服を買って貰う為の話術を巧みに使うテクニックです

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。